一般社団法人石膏ボード工業会

 
 

暮らしと石膏ボード

火に強い(防・耐火性)

石膏ボードの芯材は無機質の石膏ですので、燃えることはありません。石膏には、約20%の結晶水が安定した形で含まれています。これは、ボード1枚に、3kgの水を含んでいる計算になります。火災時に石膏ボードが高温にさらされるとこの結晶水が熱分解し、水蒸気となって徐々に放出され、温度の上昇を遅らせる働きをします。また、石膏そのものが、伝熱を防止するバリアの役割を果たします。 石膏ボードは、こうした石膏の特性によって、防火材料に認められています。そして、壁の防・耐火構造の材料として、あるいは柱や梁の耐火被覆材として多用され、火災の延焼防止に効果を発揮しています。

石膏ボード(910mm×1,820mm×12.5mm)には結晶水が約3kg含まれています
石膏ボード(910mm×1,820mm×12.5mm)には結晶水が約3kg
火に強い石膏ボード
火に強い石膏ボード

「石膏」は2分子の結晶水をもつ硫酸カルシウムで、通常「二水石膏」と言います。
二水石膏」は120℃~150℃に加熱すると結晶水全体の3/2を失って「焼石膏」になります。
焼石膏」に水を加えると化学反応を起こし、再び元の「二水石膏」に戻って固まります。
この性質を利用し、2枚の厚紙(原紙)の間に水で練った「焼石膏」を流し込み、板状に固化させて、石膏ボードはできています。詳しくは「動画でみる石膏ボード」をご覧ください。

石膏の化学的反応
石膏の化学的反応